無料でうつ病かどうかチェックしその対処方法について考える

テクスチャー

相談する

うつ病かなと思ったら心療内科に相談を

ストレスの多い現代。何だか最近心と体の状態がおかしいな、と思いながら過ごしている人も多いのではないでしょうか。しかしそれは危ないサインかもしれません。忙しいからとそのままにしておくと症状がどんどん悪化して、うつ病が発症してしまう可能性があるのです。うつ病は思ったよりも身近な病気で、誰もがなりうるものです。自覚がなくても症状が進行している場合があるのでもし気になる事があれば心療内科に一度相談しに行くと良いでしょう。初診では約30〜40分くらいの診察で、場合によって薬が処方されます。気になる料金は健康保険が適用されて3000円弱です。また、診断書を書いてもらう場合にはさらに2000〜3000円かかります。

自分でチェックする方法もある

しかし、いきなりうつ病だと言って心療内科に行くには抵抗がある人もいるかもしれません。そんな時は自分でチェックすることも出来ます。うつ病の主な症状は、気分が落ち込みや憂鬱が続く、食欲がなくなる、夜眠れない、何をしても楽しくないといったものが挙げられます。詳しく調べたい時はインターネットなどでチェックリストがあるので活用してみましょう。もし自分でチェックしてみて当てはまるものが多かった場合はすぐに心療内科を受診することが大切です。うつ病は他の病気と同じく早期発見、早期治療が大事だと言われています。想像以上に治るのには時間がかかるため、症状が重くならないうちに早く治療をするのが望ましいのです。今はうつ病への理解も進んできましたし、決して珍しい事ではありません。うつ病の人、またうつ病になりかけている人はとても多いと言われています。ぜひ一度チェックをし、気になることがあれば一人で頑張らずに専門家に相談に行きましょう。

セルフチェックしてみましょう

いつもと違って、何もする気が起きない状況が一定期間続けば、うつ病の可能性があります。インターネットのサイトで、セルフチェックができますので、気になる方は一度チェックしてみましょう。 セルフチェックでは、気力、物事に対する関心の低下、話し方や仕事の取り組み方の変化、食欲の減退や増加、睡眠障害の有無などを調べます。それらの項目であてはまるものがないかチェックしますが、すべてあてはまっても、即うつ病というわけではありません。 それらの症状によって、いつもできている仕事や家事、学校生活などに明らかな支障がでている場合は、うつ病の可能性があります。 これらのチェックは、あくまでも目安ですので、あてはまる症状があれば、専門機関を受診しましょう。