無料でうつ病かどうかチェックしその対処方法について考える

テクスチャー

気になる場合

うつ病かもと思ったら

春は入学や、入社、転居など様々な変化の時期であるため、うつ病になりやすい時期でもある。春になるとなんとなく気分が落ち込んだり、食欲がなくなったり、眠れないなどの症状が続く場合はうつ病の可能性がある。うつ病は心の病気で一番多く、また、症状も度合いも人それぞれであるため、自分で気づきにくい。いずれの症状も自分や周囲の環境を否定的に捕らえてしまうことが根本にある。そのため、対策とては、運動をしたり、外出したりなど気持ちをリフレッシュすることが重要である。また、春は寒暖差が大きいため、体調を壊しやすい。自律神経を乱すとうつ秒になる危険性も増すので、外出時の服装にも注意が必要である。そのような対策をしても治らない場合は医師への相談をお勧めする。

自分でできるセルフチェック

気分が落ち込んだり、睡眠不足や食欲不振が続いても自分はうつ病ではないと思い、病院へ行かない人も多い。自然に治る場合はそれでも問題はないが、症状が長く続く場合は、医師への受診の前に、セルフチェックを行うとよい。これらはよくネットにも掲載されているので、気軽に行うことができる。チェック項目にいくつ以上チェックがついた場合はうつ病の危険性があるなどとすぐに分かる。危険性が少ない場合は外出などの自分でできるリフレッシュを行い、チェックが項目が多い場合は医師への受診も検討してほしい。受診する場所は診断結果を基に自分の症状が落ち込みや不安感、イライラなどが大きい場合は精神科へ、ストレスで胃が痛かったり、頭痛などで悩まれている場合は診療内科への受診をするとよいであろう。