無料でうつ病かどうかチェックしその対処方法について考える

テクスチャー

いつから

うつ病はいつからあったのでしょうか。

 現代社会において、うつ病は心の病として認識されています。このうつ病はいつからあったのでしょうか。古くは狩猟時代まで遡るそうです。狩りをするためには、自分の命も危険にさらされます。そのストレスからうつ病は存在していたようです。明確に記されているものとしては、紀元前4〜5世紀ごろに古代ギリシャの医学者ヒポクラテスが提唱した「四体液説」が始まりとされています。しかしその後研究の進歩はなく、20世紀に入り精神病理学者テレンバッハが「メランコリー親和型」を唱え、うつ病研究の核が生まれました。しかし、近年ではこの考えに異論を唱える学者もおり、まだまだうつ病の研究は世界的に進化していく過程にあると言えます。

これからも向き合っていかなければならない環境です。

 今では、インターネットサイトでもうつ病のセルフチェックが簡単に出来るようになりました。ほとんどが無料でセルフチェックをすることが出来ます。チェック項目に、該当する方は対処法を参考にされたり、精神科を受診を行ってください。自己チェックは2週間から1ヶ月間の間の心の状態をチェック出来ます。  うつ病などの精神疾患の研究は進んではいますが、まだ未解明の部分が多いという事実があります。現代社会ではストレスも多く、うつ病の発症件数はこれからも増加していく可能性があります。しかし薬の服用だけでなく、周囲の環境を変えるだけでも劇的に症状が抑えられる場合もあります。うつ病に対しての認識を本人だけではなく、社会全体で認識していくことで治癒率をあげることが出来るでしょう。